スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

「田んぼの生き物」

2015年07月10日

昨日の夜から雨が降りました。
田んぼ前の川で、予定していたカヌー体験も増水の為中止となりました。
(事前予約で、カヌー体験などを行っています。詳しくは、諸塚村観光協会HP もろつかナビ を参照)
苗は、目に見えて育っています
今日も田んぼでは、色々な生き物が生活しています
のんびりしているアカハライモリを見ていると、こちらも和みます
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 10:50Comments(0)生き物その他

「今日の様子」

2015年07月03日

まだ雨が続きますが、時折みる晴れ間には夏の日射しを感じます。
それでは田んぼの様子をお伝えします。

赤米の苗が無く、植えきれなかった部分は普通のお米を植えました(写真右4列ほど)
苗のアップ 植えたときより少し大きくなっています
子ども達に人気のアカハライモリ 気持ちよさそうにくつろいでいます?
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 09:40Comments(0)生き物

「いよいよ10月になりました」

2014年10月02日

気候は秋らしく朝晩は冷え込むようになりました。
日が暮れるのも早くなりすぐに暗くなります。
少し寂しさを感じるのは気のせいでしょうか?

田んぼの稲達とのつきあいも後少し…

今日は田んぼに向かう途中に落ち葉が空中に浮いていました。
よく見るとクモの巣に引っかかっているようです。(クモが引っかけた?)
クモの体の大きさを考えると凄く大きく重い物の用に思えますが、どうなんでしょうね?不思議です。
秋空にUFOのように浮かぶ葉っぱ
朝方雨が降ったようで、田んぼの稲穂も水滴をつけていました。
稲の倒れ具合はどうかな?
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 10:40Comments(0)生き物

「カブト虫参上!!」

2014年09月26日

今日は、ボランティア(色々な仕事の手伝い)で諸塚村に来てくれている宮川さん(女の子)からカブト虫をいただきました。
クワガタムシと同居になります、仲良くしてくれると良いのですが…
     ・
     ・
     ・
2匹にエサをあげようと田んぼの近くにある柿の木に向かいました。
稲の倒れが少しずつ広がっている気がします…頑張れ!!
赤米の籾も大きくなったものです。
そして柿の木に到着しました。
……カラスが食べたのが柿がひとつも無くなっていました。エサどうしましょ?
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 10:19Comments(0)生き物

「クワガタ参上!!」

2014年09月23日

今日も雨…
ここ連日雨ばかりで洗濯物が乾きません…
ついでに!?田んぼの稲も倒れてきています…

今日の様子だと、田んぼの外周の部分が倒れてきています。
倒れている稲を試しに持ち上げて見ましたが、根の張りが弱いのかフニャフニャで全然立ちませんでした。
予定では10月13日頃に稲刈り予定ですが…それまでは…頑張ってっ!!

田んぼで色々な生き物が見れました。

  <おまけ>道端に落ちていたノコギリクワガタさん
一昨日のふくろうさんといい、ここ最近しいたけの館21には変わったお客さんが多くて嬉しいです。
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 09:59Comments(0)生き物

「生き物のマンション?!」

2014年09月22日

昨日に続き今日もスッキリしない天気です。
ただ、稲の周りには色々な生き物が遊びにきてくれます?
生活のためなのか?ごちそうがあるためなのか?
(↓写真にはクモが2匹写っています。分かりますか?赤とんぼはピンぼけになってます。残念。)
アリやカメムシその他にも色々いるようです。
豊かな場所(稲)にいる生き物、その生き物を狙って別の生き物がやってきて…
色々なドラマがありそうでとても面白いですね。
チョウチョも色々な種類が飛んでいましたが、今日写真を撮らせてくれたのはこの子だけでした。
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 10:18Comments(0)生き物

「黒岳山とキレンゲショウマ」

2014年08月18日

今回は、黒岳山とキレンゲショウマの事をお伝えしたいと思います。
諸塚村と椎原村の境にあります。諸塚村の最高峰で、多くの貴重な植物の宝庫でもあります。
8月17日~8月24日までは、「キレンゲショウマ」という珍しい保護植物を観賞出来るツアーを行っています。

キレンゲショウマ 黄色い花がとても可愛い貴重な植物です。
黒岳山から見れる景色 

 
田んぼは水切りを開始して、干上がってきた部分も見えてきました。
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 09:55Comments(0)生き物その他

「雨の日の田んぼ」

2014年06月20日

雨の日の田んぼです。
少し静かで寂しい感じがします…







雨が蜘蛛の巣に捕まっていました。


田んぼの近くでひっそり咲く、紫陽花。






恵みの雨などを受け少しずつ、しましまになりつつあるようです。
  


Posted by 諸塚村観光協会 at 09:46Comments(0)生き物

「ホタルのいる川」

2014年06月17日

今回は、田んぼの近くにある川について

田んぼの近くにある川では、季節になるとホタルが飛んでいます。
写真の川でも数匹程ならホタルを見ることができます。
今回、田植えをして頂いた「やま学校生の皆さん」には夜、ホタル観賞スポットで見て頂き喜んで頂けました。
50匹以上のホタルが優しい光を放ちながら漂う姿は感動的でした。
その年によってホタルの数などにも差があり、大当たりの年は地元の方でも、幻想的だと感じられるそうです。

【ホタル観賞時の注意】
ホタルを観賞する時は
・大きな音や、声を出してホタルを驚かせない。
・カメラや携帯のフラッシュ、ライトなどで照らさない。(ホタルは光を出して会話します。他に強い光があると混乱してしまいます。)
・ホタル観賞はホタルに生活を見せてもらう事を感じながら大事に、優しく見るよう心掛ける。

ホタルの光は、ホタルの会話です。「どんなことを話しているのか?」などを考えながら観賞させてもらうのも楽しいですね。

写真を撮ることができなかったので、イメージ図で雰囲気だけでも伝えられると良いのですが…やっぱり、ぜひ直に見て頂きたいです。

  


Posted by 諸塚村観光協会 at 09:10Comments(0)生き物

「田んぼの中の世界」

2014年06月16日

今回は、田んぼの中に住む住人達を一部紹介したいと思います。


定番のアメンボです。水面をスイスイ移動する姿はとても気持ちよさそう。
「何で水面で生活することにしたんだろう?不思議です。他に誰もいなかったからかな?」


近づいたら、驚いて隠れてしまいました。(隠れているとは言い難いですが…)
「驚かせてごめん、オタマジャクシさん」

おたまじゃくしがいるということは…
もちろん、カエルもいます。
水の中で気持ちよさそうにおよいでいたり、田んぼの周りを飛び跳ねたりしています。
オタマジャクシからカエル変わるのって不思議で面白いですね。「なんでだろう?」


イモリがのんびりしている姿を見ていると癒されます。
和名の「井守」は井戸を守るから来た説や、井を田んぼとして田を守るという説があるそうです。どちらにせよ昔から水の中でも生活していたのは、変わっていないようです。水草の葉にくるむように卵を産みつけて卵から生まれた幼生は最初は前後の脚がなく、オタマジャクシのように後から生えてくるそうです。(オタマジャクシは後脚からで、イモリは前足からだそうです。それぞれよく使う方から生えるのでしょうか?不思議です。)


トンボも田んぼの周りを飛んでいます。体の形や色、羽の模様などがカッコイイです。
「昔は前にしか進まず退かないところから「不転退(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の精神を表すものとして「勝ち虫」とも呼ばれいたとか…カッコイイ」


何気ない田んぼの風景の中にも、色々な生き物たちが生活しています。その色々な生き物たちがいることで田んぼ自体も、生き物のように成長していくのだと感じられ、とても不思議で面白いと思います。
  

Posted by 諸塚村観光協会 at 11:33Comments(0)生き物